エアコンの高圧洗浄を利用する家庭も増えている

スポンサードリンク       プライバシーポリシー

エアコン高圧洗浄エアコンを衛生的にかつ効率良く、そして経済的に使う上で効果的な方法として、広く一般に知られてきています。

最近ではハウスクリーニング業者の代表的なメニューの一つとして、エアコンの高圧洗浄を利用する家庭も増えています。また専門の業者でなくても、個人でもエアコンの高圧洗浄をすることが出来る家庭用の高圧洗浄機が、各社から購入しやすい価格で販売されていて人気を呼んでいます。

普段、掃除しづらいエアコン内部のアルミフィンや、内部ファンにこびりついた汚れやほこりを、高圧洗浄によって簡単に落とすことが出来ます。

エアコンを長い間使っていると、どうしても内部にホコリが溜まって冷暖房の効率が落ちたり故障の原因となってしまいます。
また最悪の場合内部にカビなどが発生して、室内にカビの胞子を放出するなど衛生上の問題も起こしかねません。

特に古いエアコンの場合は、アレルギー症状の原因となるハウスダストを蔓延させてしまう可能性も指摘されていますので
小さい子供やお年寄りのいる家庭では十分な注意が必要でしょう。

エアコンに取付けられているフィルターは、少なくとも二週間に一回、こまめに清掃するのが効果的と言われています。
しかし分かってはいてもフィルターの取り外しなどが面倒と感じたりついつい忘れてしまいがちです。

フィルターほこりで目詰まりをおこした状態で運転を続けていると必要以上に負荷がかかり、余計な電気代が
かかりますし室外機の騒音も大きくなってしまいます。


SPONSORED LINK



エアコンの高圧洗浄、手入れをする上での注意点

では、手入れをする上での注意点ですが、エアコンの高圧洗浄を市販の高圧洗浄機を使って行う場合は、
エアコンのコンセントを必ず抜いてから行いましょう。 そして水漏れを防ぐために、エアコンの電装部分や周辺を
ビニールシートなどで完全に覆います。 また、近くに家具やカーテン類があれば、これも外しておきましょう。

高圧洗浄用の洗浄剤も販売されていますが、たとえ洗浄剤を使わず高圧の水だけであってもエアコン内部の
洗浄に効果はあります
。 重要なのは洗浄が終わった後に、エアコン内部の水分を完全に蒸発させることです。
本体のパネルを取付ける前に、清潔な布で残った水滴を拭き取っり試運転を行い完全に水分を蒸発させます。
これを怠ると内部にカビが発生する原因となり、却って逆効果となってしまいます。

エアコンフィルター高圧洗浄機を使うと、想像以上にきれいになりますがフィルターも完全に乾燥させてから
本体に取付けるようにましょう。


スポンサードリンク